に投稿 コメントを残す

間取りを考えるときは家事動線を意識して

注文住宅一戸建ての家づくりにおいて、家事動線を考えるのはとても大きなポイントです。
要はいかに家事を楽にすることができるか、ということです。

効率的に家事をできるような間取りを考えて作っていく必要があります。

この部分が欠落していると、住みにくい家、なんだかすっきりとしない家になりかねません。

家事動線を考える、それはいろいろなところに表れてきます。
例えば、玄関からキッチンが遠いとどんなことが起こるでしょうか。
野菜やお米、水などの飲料はとても重たいですが、玄関から家の中に入り、
奥の方にあるキッチンまで毎回運ばなければならないとしたら、それはあまり良いことではありません。
どうしてもそのようにしたい場合には、勝手口などを付けて、
外から重たいものを入れられるようにするというアイデアを考えることができるかもしれません。

また同じように、洗濯機を置く場所と、洗濯を干す場所が遠いと、やはり手間がかかる状態といえます。
そして洗濯物が乾くと、今度はそれをしまう必要が生じ、
最後にそれをたたんで収納するという一連の流れがあります。
いかに短い距離でスピーディにできるか、時短となるか、そんなことを考えることができるでしょう。

家事動線では、人がどのように動くかということをイメージできるようにします。
回遊動線をという言葉があるように、行き止まりになり、またUターンするような間取りではなく、
くるくると回るように動くことができる動線のほうが、なにかと軽快でストレスが少ないものです。
そうしたことを考えてキッチンやリビング、そして水回りを決めていくことができます。

そして家事というとやはり掃除になります。
掃除をする時間というのは、忙しい生活の人にはできるだけ減らしたい、
ストレスのかからないようにしたいと思うのではないでしょうか。
お掃除ロボットの導入を考えるという方法もないとはいえ、
やはり自分で掃除をするとなると、いろいろなことを考えます。
コンセントの位置や、掃除のしやすい間取り、掃除機を取り出しやすくすること、
使ったら収納しやすくなることなどもポイントです。


家事動線を考えた間取りができると、家づくりはかなり満足度の高いものとなります。

京都のおすすめ住宅会社はこちら