に投稿 コメントを残す

モミの木を取り入れたお家にしたい

これから家を建てられる方の意見をご紹介します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただいま子育て真っ最中の我が家。

今は賃貸物件に住んでいますが、近々マイホームを検討したいと思っています。

マイホームについて、私が考えているのは、温もりがあり、
なおかつ家庭のために天然木をふんだんに使用したい、ということです。
私が特にマイホームに採用したい天然木というのは、モミの木です。

住居を建てる際に使われる木材といえば、スギ・ヒノキ等が思い浮かぶと思いますが
私が注目した木はモミの木です。

モミの木は、空気の浄化を自動的に実施してくれて
室内空間の浄化を図ってくれる、機能性の高い素材となります。
それぞれ、色つや、香り、乾燥期間、調湿性能としましては、一般的な木材と非常に大差があります。
(と、私は感じました。)

色艶については、天然乾燥の場合、木が本来持っている艶が残るために、
木材本来の色艶が出る形となります。
ですので、目にとっても非常にやさしい温もりのある木の色を演出することができます。

香りに関しては、木の自然な香りをもっておりますので、
木の自然な香りで満喫して生活することができます。

乾燥期間としましては、1年以上の乾燥期間が必要となりますが、
その分味わいのある空間を演出してくれることとなります。

木目等が美しく、また、木の細胞がそのまま取り込まれている形となりますので、
調湿機能に優れています。
夏は湿度を吸収して、冬には、湿度を開放してくれるという機能です。

これと比較しまして、人工木材としましては、自然木独特の色ムラがありませんので、
一定の色合いで揃えられることとなりますが、色艶が少ないので、
見た目が「人工木だな」と実感してしまう場面が多いと思われます。
また、人工木だと、木本来の香りを体験することができません。
匂いが少なかったり、時間が経過することによって、匂いが薄れることとなります。
乾燥期間は、人工木ですので、3日~10日程度で済む形となります。
人工木を加工するときに、木の細胞が壊れてしまいますので、
調湿機能としましては、優れていません。



このように様々なメリットがあるモミの木ですが
まず一番嬉しい点は、木のぬくもりを子供が全身で体感できると言うことです。
せっかく子育て中にマイホームを建てるなら
子供がのびのびと健やかに育ってくれるようなお家にしたいからです。

京都のおすすめ住宅会社はこちら