に投稿 コメントを残す

全館空調のメリット・デメリット

全館空調の良いところ・気になるところを考えてみようと思います。

全館空調でも最新の全館空調用のエアコンと
第一種熱交換という換気システムが一つになって
各階に設置しているタイプについてです。

このタイプは、エアコン1台で一つのお家をカバーするタイプと違い、
夏と冬の季節に応じて夏は2階のエアコンを頑張って運転させて、
冬は1階のエアコンを頑張って運転させるなど、エアコンの使い方を工夫するタイプで、
例えば真夏日にエアコンが壊れてしまっても1台は残っているので、
もしもの時もエアコンが効かなくなるという全館空調で不安な点がやわらぎ安心感のあるシステムの方です。

全館空調を入れてもっとも気分が良いと感じる事は、
玄関開けてすぐ夏はすずしく、冬はぽかぽかしていることです。
古い家では、玄関からリビングまでは、寒さや暑さを感じたままでしたが、
玄関を開けた瞬間からあたたかく、涼しさを感じることができるのは感動です。
実際に廊下もエアコンがきいていて、リゾートホテル見たいな感じです。

廊下も玄関も年中快適温度で、お部屋は一定温度になるので
お布団は冬のかさばるふかふかの羽毛布団などは不要になります。

なので羽毛ぶとんや冬のかさばる部屋着用の収納をたくさん用意する必要がなく
その他の収納スペースが確保できて、すっきり片付く間取りにすることができます。

全館空調は、とても快適な生活をすることができるのですが、
気になるところは、湿度調整が入っていないタイプでは、
長雨などが続く梅雨の時期は、ジメジメしたりします。

また冬は乾燥し過ぎてしまうこともあります。
なので、全館空調とは別に家電量販店で売っている加湿器や除湿機を1台買うことが必要なようです。

あと光熱費ですが、思ったよりは高くならないのですが、
使い方は1年中連続で使い続けた方が良いということなので、
操作方法によっては真夏日や真冬日が多い季節は、全館空調は光熱費が高くなります。
メーカーさんの推奨した使い方をすれば古い家のエアコン光熱費よりは安くなりますが、
安くなっても光熱費は気になるものなので、
太陽光発電は通常よりも容量は多めにつけた方が良いとは思います。

京都のおすすめ住宅会社はこちら